空間分解分光方式測定器に、第41回 発明研究奨励金が交付されました。

交付証

弊社の発明である「光による特性測定システム」(特許第6873458)が、昨年2021年に応募した第41回 発明研究奨励金に選ばれました。

この発明により開発されたのが空間分解分光方式測定器で、肌などの生体をはじめとして、木材・石材・プラスチックなどといった散乱性を有した半透明体の光学特性を、非破壊・非侵襲にて測定する機器となっています。

非破壊・非侵襲にて生体の光学特性を測定できる点に将来性があると評価していただきました。

機関誌にも掲載されました

この奨励金により、吸収係数と散乱係数とを自動で算出できるソフトを開発し、空間分解分光方式測定器はさらに使いやすくなりました。

ご興味のある方はぜひ製品ページをご覧になり、お問い合わせください。

Sarliのホームページ係です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × four =